ふとんも「時を戻そう」

今日6月10日は時の記念日。1920年(大正9年)に6月10日を「時の記念日」にすることが制定されました。日本書紀によると、西暦671年に天智天皇が唐から伝えられたという「漏刻(ろうこく)」(水時計)を建造し、その漏刻で初めて時を打ったという記述があります。この日が太陽暦(グレゴリオ暦)に直すと6月10日だったという故事に基づいています。

最近では、ぺこぱの松陰寺さんが「時を戻そう」というフレーズを用いていますね。ふとんでも「時を戻そう」というのが、ふとんの仕立て直しです。

ふとんの打ち直し、仕立て直し、リフォーム。これらは、今お使いのわたふとんや羽毛ふとんを仕立て直す時に当店を含めて販売店が使う言葉です。
打ち直しという言葉は、なじみがなく学校でも習わないため、知っている人も少なくなってきたようです。ふとんのやり直し、作り替えなどと言われる場合もあります。

ふとんを仕立て直すと、新品同様に復活します。末次ふとん店では、わたふとん、羽毛ふとんを当店にて仕立て直しています。他工場などに任せることをせず、1枚1枚責任をもって仕上げていますので、安心してお任せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA