当店一貫!わた打ち直し~仕立て直し

わた打ち直しの流れ
わた打ち直しの流れ

わたふとんを自店で手作りしているというお店が少なくなってきました。わたの打ち直しを自店でしているお店はさらに少なくなってきました。打ち直しを別の工場にお願いして仕立てだけ自店でしているところ、さらに、ふとんの仕立てまですべて他に任せているところが多くみられます。

末次ふとん店では、お預かりしたふとんを打ち直してから仕立て直すまで、一貫して自店で行っております。
そのため、ふとんから綿まで全て自らの目で確認して打ち直していますので、より細かな対応ができます。そして仕立ても全て当店職人の手作業にて行っていますので、機械づくりではない丁寧な仕立て上がりです。

ただ、全て手作業にて行っているため仕立て上がりまで日数がかかってしまいます。現在、大変多くのご注文をいただいているため2週間~の日数をいただいております。涼しくなって、ふとんが恋しくなってきました。少しお待たせすることになりまして申し訳ありません。

ふとん仕立て直しの納期について

先月末あたりから急に涼しくなったこともあり、おかげさまで現在ふとんのお仕立て直しのご依頼が多くなっております。

わたふとんの打ち直しは、2週間~程度必要になるため、余裕を持ってお出しいただけると幸いです。
当店のわたふとんの打ち直しは、お預かりしたわたふとんをほぐすための打ち直しの機械と側生地縫製のミシンを除いて一切の機械を使っておりません。
1枚1枚職人の手作りにこだわって仕上げていますので、どうしてもお時間をいただいております。

羽毛ふとん、仕立て直しの納期は羽毛の洗い方によって異なります。
プレミアムダウンウォッシュ(中身を取り出して洗う完全洗浄)は20日程度
丸洗い後側交換(お使いのふとんのまま丸洗いする簡易洗浄)は10日程度
側交換(お預かりしたままの洗浄なし)は2~3日
を目安にお考えください。
羽毛ふとんは、当店で自店の羽毛ふとん製造機械を使い、1枚1枚手作業にて仕上げています。

これから冷え込みふとんがますます恋しくなる季節の前に、ふとんのお手入れをしておきませんか?

ふとんのお手入れをお忘れなく

台風が過ぎ、季節は秋に近づくことでしょう。日中の暑さも和らぎ、朝晩は涼しくなってきます。すでに睡眠時のエアコンを消している方もいらっしゃることでしょう。今までは暑く、ふとんは暑苦しい存在でしたが、これからは、ふとんの存在を思い出す季節です。そして、ふとんが恋しくなる季節がやってきます。

そんな季節がやってくる前に、お使いのふとんのお手入れを。わたの打ち直しや羽毛ふとんのリフォームを考えましょう。冬支度にはまだ少し早いですが、いざ使いたい時にサッと使えないと困りますから、早めにお手入れされておくと安心ですね。羽毛ふとんおすすめのお手入れ方法、プレミアムダウンウォッシュの場合は手間隙かけてきれいに洗浄するため、2週間~3週間程度かかります。ご考慮ください。

おふとんのことでお悩みのことがありましたら、いつでもお気軽にご相談くださいませ。

寝具で生活を変える。

例年だったら、今日は海の日(7月の第3月曜日)。今年は東京オリンピックの開会式の当初の予定日の前日にあたる23日(木曜日)に変更されています。今頃はオリンピック前の盛り上がりを見せていたところでしょう。他にもスポーツの日(今年から体育の日はスポーツの日に変更されています。)、山の日が今年に限って日付が変更されています。

例年だったら・・・例年だったら・・・
いろいろなことが当てはまることも、今年は新型コロナウイルスの影響で例年通りとはいかなくなっています。第2波が到来していると言える今、経済を回すためなのか緊急事態宣言は出されないかもしれませんが、緊急事態宣言中のように、我慢できるところは我慢しなくてはいけないですね。休業補償の問題さえクリアできるのであれば、緊急事態宣言や休業要請できるのでしょうが・・・。

平年だったら、梅雨明けは7月19日。そろそろ梅雨明けと言いたいところですが、これまた平年とは違う感じに・・・。しかしもうすぐ梅雨明けには間違いはないはずです。梅雨に関しても、しとしと雨だったのが、ここ数年は梅雨時も豪雨が見られたりと例年とは異なる様子が見られますね。

例年通りが通用しなくなる昨今ですが、末次ふとん店では今まで通り、わたふとんを打ち直し、羽毛ふとんをリフォームし、使えるふとんを仕立て直して、長く大切に使い続けていくという大事な文化を残してまいります。

例年なら使い捨てていたふとん。一年でぺったんこになってしまうようなふとんでは、あなたの大事な体を支えることは難しいでしょう。寝られるというだけで選んでいませんか?
例年とは違っていても、睡眠は必ず、例年通り?とらなければいけません。寝具を変えると眠りが変わる。眠りを変えると、明日の生活が変わります。寝具を変えて、充実した毎日を過ごしましょう。
末次ふとん店ではいろいろなふとんを品揃えし、あなたに合うふとんを見つけます。お気軽にご相談ください。

サイズ変更で扱いやすくなります

このところ、仕立て直しの際にサイズ変更のご依頼を多く承っています。特に羽毛ふとんのダブルサイズをシングルサイズに変更するご依頼が。ダブルサイズが大きくて扱いにくい、生活環境が変わった、など理由はそれぞれです。

羽毛ふとん、通常のダブルサイズは190cm×210cm。一方シングルサイズは150cm×210cm。ダブルサイズで2人で寝ていたとして、1人あたりのサイズは190÷2=95となり、150cmのシングルサイズの方がゆったりします。そのため、ダブルベッドなどでお休みになっている方も、掛ふとんは2人で1枚づつ、シングルサイズ2枚をお使いになった方が快適にお休みになれることでしょう。今の時季は心配ないかもしれませんが、冬はふとんの取り合いになる心配もありませんよ。

サイズ変更に関して、落下防止柵の付いたベッドなどに対応するため、普通のシングルサイズよりも一回り小さなサイズのふとんにお作りすることもできます。
また、一回り小さくなることで軽く扱いやすくなるため、毎日上げ下ろしされる方もラクラクです!

わたふとん、羽毛ふとん共に、末次ふとん店で1枚1枚丁寧に仕立てています。他工場などに任せたりせず、責任をもって自店で仕上げていますので安心しておまかせください。

他店購入品だから、また側生地が破れてしまっているからといって遠慮される必要もなく、お気軽にご相談ください。

次回日食時にはふとんの打ち直し?カーテンの掛け替え?

昨日は日食が見られましたね。
ロールスクリーンが梱包されている長い段ボール箱でピンホールを利用したり、遮光板を使って観察しました。次回の日食は3年後(2023年4月20日)ですが、地域が限られ、ごくわずかしか欠けないようです。下関では観測できません。10年後(2030年6月1日)のものが次に見られる日食と言えますね。

3年後、10年後とまだ先の話ですが、3年前、10年前と考えるとつい最近だと思えるかもしれません。
例えば3年前は2017年。将棋の藤井聡太四段(当時)が29連勝しました。
10年前は2010年。南アフリカのワールドカップ開催。またチリ鉱山の落盤事故による作業員33人の生還などです。
と、書いているうちについ最近と言えるのかな、と疑問を持ち始めてしまいましたが・・・身近な出来事に当てはめると、最近だと思えることでしょう、きっと。

綿ふとんのお手入れとして、わたの打ち直しが挙げられます。お使いのわたふとんのわたを一度ほぐして、再度シート状にして新しい側生地に仕立て直すことで、ふとんが復活するわたの打ち直し。
綿の敷布団は、およそ3年を目安に打ち直してあげると良いと言われています。5年経っても、それこそ10年経っても、打ち直すことはできます。が、ある程度の段階で打ち直してあげることで長く快適に使い続けることができます。

羽毛ふとんのリフォームは7年程度を目安にすると良いと言われています。が、側の傷みやへたり具合によってその期間は前後しますね。羽毛ふとんも完全にへたってしまったりすると、復活の度合いも変わってきます。やはりある程度の段階でお手入れしてあげることが大切です。

カーテンの掛け替え。当店では新築の方よりも掛け替えの方が多くいらっしゃいます。7~8年程度で変えようかなと考え始めると、月日は経ち、10年くらいで「よし、変えよう!」と思われるようです。ほこりを払ったり、洗濯をこまめにされている方は、20年~30年と使い続けていらっしゃいます。気分を変えるために早めに変える方もいらっしゃいます。ブラインドからカーテンへの変更、和室の障子にカーテンをつける、など。生活環境の変化によって窓辺のスタイルも変わっていきます。

末次ふとん店は、ふとん店ですがオーダーカーテンなどのインテリア製品も取り扱っています。下関市近郊でしたら、採寸・見積は無料にて承っております。お気軽にご相談ください。
もちろん、ふとん店。ふとんのこともお気軽にご相談くださいませ。

ふとんも「時を戻そう」

今日6月10日は時の記念日。1920年(大正9年)に6月10日を「時の記念日」にすることが制定されました。日本書紀によると、西暦671年に天智天皇が唐から伝えられたという「漏刻(ろうこく)」(水時計)を建造し、その漏刻で初めて時を打ったという記述があります。この日が太陽暦(グレゴリオ暦)に直すと6月10日だったという故事に基づいています。

最近では、ぺこぱの松陰寺さんが「時を戻そう」というフレーズを用いていますね。ふとんでも「時を戻そう」というのが、ふとんの仕立て直しです。

ふとんの打ち直し、仕立て直し、リフォーム。これらは、今お使いのわたふとんや羽毛ふとんを仕立て直す時に当店を含めて販売店が使う言葉です。
打ち直しという言葉は、なじみがなく学校でも習わないため、知っている人も少なくなってきたようです。ふとんのやり直し、作り替えなどと言われる場合もあります。

ふとんを仕立て直すと、新品同様に復活します。末次ふとん店では、わたふとん、羽毛ふとんを当店にて仕立て直しています。他工場などに任せることをせず、1枚1枚責任をもって仕上げていますので、安心してお任せください。

今も多くの方が、わたを打ち直しています。

営業再開など、少しずつ日常が戻っているニュースが届くようになってきましたね。確実に収束に向かいつつありますが、今後も油断することなく、マスク着用など自分ができることを続けていくことが、コロナ感染の影響を続かせないことにつながります。
不織布マスクなど、使い捨てのマスク販売を目にする機会が多くなりました。布マスクが不織布のものよりも肌にやさしいと、当店手作りの布マスクを今もお買い求めいただいております。ありがとうございます。

続けることの難しさ。
当店では、わたふとんの打ち直しを行っております。最近では耳にしなくなってしまった「わたふとんの打ち直し」って何だろう?
わたの打ち直し。わたの作り直し。わたの仕立て直し。わたのリフォーム。
昔から続いている打ち直しですが、続けているお店も少なくなりました。今風の言葉では、何と言うのが伝わりやすいのでしょうか・・・。

わたの打ち直しとは、長くお使いになって硬くなり、ボリュームもなくなってしまったわたふとんを解体し、わたをほぐして新品同様にふっくらとよみがえらせることを言います。そしてそのふっくらよみがえったわたを新しい側生地に仕立て直すことで、ふとんとして復活します。

つまり、側生地も新しくなり、中身だけではなく、見た目もばっちり新品同様によみがえります!

末次ふとん店では今も、下関市彦島にある当店工場においてわたを打ち直して、当店職人が一枚一枚手作りでふとんを仕立てています。手作りの良さ、温かさを続けています。

最近では、羽毛ふとんも当店工房で仕立て直すことができるようになりました。
今お使いのふとん、仕立て直して、長く使い続けていきませんか。

わた打ち直し

また下関市で新しく感染者が出てしまいました・・・。都会の方は大変ね、私は大丈夫など他人事だと思わずに行動することが今は大切です。自粛自粛の世の中ですが、自分が今できることを粛々と。

「もうわたふとんを使っている人なんていないでしょ」って思っていませんか?
配達先に向かう際にも「今でも打ち直しされている方がいるのね」との声も・・・。

ご安心ください!まだまだ大変多くの方が、わたふとんを、そしてわたの打ち直しをご利用になっています。

湿度の高い日本の気候には、天然素材のわたふとんが最適です。わたのふとんの気持ちよさを味わってしまうと離れられません。当店でも高機能マットレスなどの取扱いはあります。どんなふとんも一長一短あります。マットレスもメリットはありますが、蒸れを感じるなどのデメリットもあります。

ふとん綿

わたふとんをお持ちの方、打ち直して、わたふとんを新品同様に仕立て直ししませんか?打ち直した綿を当店職人が一枚一枚丁寧に手作りして仕上げています。

そして、今はわたふとんだけでなく羽毛ふとんも仕立て直しできます。末次ふとん店では、羽毛ふとんも自店仕上げです。安心しておまかせください。

ダブルサイズも仕立て直しでサイズ変更できます

先日来、ダブルサイズについてお知らせしてきましたが、ダブルサイズのふとんも仕立て直すことでサイズ変更することができます。

わたふとんの打ち直し、羽毛ふとんのリフォーム、どちらもサイズ変更可能です。生活環境の変化からダブルサイズからシングルサイズにする方が多く見られます。

ただし、ダブルサイズ1枚をシングルサイズ2枚にされる場合、中身の不足分としてプラス料金をいただくことがございます。

羽毛ふとんの場合、数年前購入のものですと、ダブルサイズでおよそ1.9kg入りです(最近の羽毛は1.9kgも入っていません)。シングルサイズは1.3kgは入れたいところです。単純計算で1.3×2で2.6kg必要になるため、2.6-1.9で0.7kg羽毛が不足することになりますので、不足分の料金をいただくことになります。

お気軽にご相談くださいませ。

また、羽毛ふとんについてサイズ変更ではないですが、2枚合わせのものを1枚に仕立て直すこともできますよ。

羽毛ふとんの仕立て直しも、下関市彦島の末次ふとん店におまかせください。当店工房の羽毛ふとん製造機械で自店でお作りいたしますよ。