次回日食時にはふとんの打ち直し?カーテンの掛け替え?

昨日は日食が見られましたね。
ロールスクリーンが梱包されている長い段ボール箱でピンホールを利用したり、遮光板を使って観察しました。次回の日食は3年後(2023年4月20日)ですが、地域が限られ、ごくわずかしか欠けないようです。下関では観測できません。10年後(2030年6月1日)のものが次に見られる日食と言えますね。

3年後、10年後とまだ先の話ですが、3年前、10年前と考えるとつい最近だと思えるかもしれません。
例えば3年前は2017年。将棋の藤井聡太四段(当時)が29連勝しました。
10年前は2010年。南アフリカのワールドカップ開催。またチリ鉱山の落盤事故による作業員33人の生還などです。
と、書いているうちについ最近と言えるのかな、と疑問を持ち始めてしまいましたが・・・身近な出来事に当てはめると、最近だと思えることでしょう、きっと。

綿ふとんのお手入れとして、わたの打ち直しが挙げられます。お使いのわたふとんのわたを一度ほぐして、再度シート状にして新しい側生地に仕立て直すことで、ふとんが復活するわたの打ち直し。
綿の敷布団は、およそ3年を目安に打ち直してあげると良いと言われています。5年経っても、それこそ10年経っても、打ち直すことはできます。が、ある程度の段階で打ち直してあげることで長く快適に使い続けることができます。

羽毛ふとんのリフォームは7年程度を目安にすると良いと言われています。が、側の傷みやへたり具合によってその期間は前後しますね。羽毛ふとんも完全にへたってしまったりすると、復活の度合いも変わってきます。やはりある程度の段階でお手入れしてあげることが大切です。

カーテンの掛け替え。当店では新築の方よりも掛け替えの方が多くいらっしゃいます。7~8年程度で変えようかなと考え始めると、月日は経ち、10年くらいで「よし、変えよう!」と思われるようです。ほこりを払ったり、洗濯をこまめにされている方は、20年~30年と使い続けていらっしゃいます。気分を変えるために早めに変える方もいらっしゃいます。ブラインドからカーテンへの変更、和室の障子にカーテンをつける、など。生活環境の変化によって窓辺のスタイルも変わっていきます。

末次ふとん店は、ふとん店ですがオーダーカーテンなどのインテリア製品も取り扱っています。下関市近郊でしたら、採寸・見積は無料にて承っております。お気軽にご相談ください。
もちろん、ふとん店。ふとんのこともお気軽にご相談くださいませ。

ふとんも「時を戻そう」

今日6月10日は時の記念日。1920年(大正9年)に6月10日を「時の記念日」にすることが制定されました。日本書紀によると、西暦671年に天智天皇が唐から伝えられたという「漏刻(ろうこく)」(水時計)を建造し、その漏刻で初めて時を打ったという記述があります。この日が太陽暦(グレゴリオ暦)に直すと6月10日だったという故事に基づいています。

最近では、ぺこぱの松陰寺さんが「時を戻そう」というフレーズを用いていますね。ふとんでも「時を戻そう」というのが、ふとんの仕立て直しです。

ふとんの打ち直し、仕立て直し、リフォーム。これらは、今お使いのわたふとんや羽毛ふとんを仕立て直す時に当店を含めて販売店が使う言葉です。
打ち直しという言葉は、なじみがなく学校でも習わないため、知っている人も少なくなってきたようです。ふとんのやり直し、作り替えなどと言われる場合もあります。

ふとんを仕立て直すと、新品同様に復活します。末次ふとん店では、わたふとん、羽毛ふとんを当店にて仕立て直しています。他工場などに任せることをせず、1枚1枚責任をもって仕上げていますので、安心してお任せください。

今も多くの方が、わたを打ち直しています。

営業再開など、少しずつ日常が戻っているニュースが届くようになってきましたね。確実に収束に向かいつつありますが、今後も油断することなく、マスク着用など自分ができることを続けていくことが、コロナ感染の影響を続かせないことにつながります。
不織布マスクなど、使い捨てのマスク販売を目にする機会が多くなりました。布マスクが不織布のものよりも肌にやさしいと、当店手作りの布マスクを今もお買い求めいただいております。ありがとうございます。

続けることの難しさ。
当店では、わたふとんの打ち直しを行っております。最近では耳にしなくなってしまった「わたふとんの打ち直し」って何だろう?
わたの打ち直し。わたの作り直し。わたの仕立て直し。わたのリフォーム。
昔から続いている打ち直しですが、続けているお店も少なくなりました。今風の言葉では、何と言うのが伝わりやすいのでしょうか・・・。

わたの打ち直しとは、長くお使いになって硬くなり、ボリュームもなくなってしまったわたふとんを解体し、わたをほぐして新品同様にふっくらとよみがえらせることを言います。そしてそのふっくらよみがえったわたを新しい側生地に仕立て直すことで、ふとんとして復活します。

つまり、側生地も新しくなり、中身だけではなく、見た目もばっちり新品同様によみがえります!

末次ふとん店では今も、下関市彦島にある当店工場においてわたを打ち直して、当店職人が一枚一枚手作りでふとんを仕立てています。手作りの良さ、温かさを続けています。

最近では、羽毛ふとんも当店工房で仕立て直すことができるようになりました。
今お使いのふとん、仕立て直して、長く使い続けていきませんか。

わた打ち直し

また下関市で新しく感染者が出てしまいました・・・。都会の方は大変ね、私は大丈夫など他人事だと思わずに行動することが今は大切です。自粛自粛の世の中ですが、自分が今できることを粛々と。

「もうわたふとんを使っている人なんていないでしょ」って思っていませんか?
配達先に向かう際にも「今でも打ち直しされている方がいるのね」との声も・・・。

ご安心ください!まだまだ大変多くの方が、わたふとんを、そしてわたの打ち直しをご利用になっています。

湿度の高い日本の気候には、天然素材のわたふとんが最適です。わたのふとんの気持ちよさを味わってしまうと離れられません。当店でも高機能マットレスなどの取扱いはあります。どんなふとんも一長一短あります。マットレスもメリットはありますが、蒸れを感じるなどのデメリットもあります。

ふとん綿

わたふとんをお持ちの方、打ち直して、わたふとんを新品同様に仕立て直ししませんか?打ち直した綿を当店職人が一枚一枚丁寧に手作りして仕上げています。

そして、今はわたふとんだけでなく羽毛ふとんも仕立て直しできます。末次ふとん店では、羽毛ふとんも自店仕上げです。安心しておまかせください。

ダブルサイズも仕立て直しでサイズ変更できます

羽毛ふとん

先日来、ダブルサイズについてお知らせしてきましたが、ダブルサイズのふとんも仕立て直すことでサイズ変更することができます。

わたふとんの打ち直し、羽毛ふとんのリフォーム、どちらもサイズ変更可能です。生活環境の変化からダブルサイズからシングルサイズにする方が多く見られます。

ただし、ダブルサイズ1枚をシングルサイズ2枚にされる場合、中身の不足分としてプラス料金をいただくことがございます。

羽毛ふとんの場合、数年前購入のものですと、ダブルサイズでおよそ1.9kg入りです(最近の羽毛は1.9kgも入っていません)。シングルサイズは1.3kgは入れたいところです。単純計算で1.3×2で2.6kg必要になるため、2.6-1.9で0.7kg羽毛が不足することになりますので、不足分の料金をいただくことになります。

お気軽にご相談くださいませ。

また、羽毛ふとんについてサイズ変更ではないですが、2枚合わせのものを1枚に仕立て直すこともできますよ。

羽毛ふとんの仕立て直しも、下関市彦島の末次ふとん店におまかせください。当店工房の羽毛ふとん製造機械で自店でお作りいたしますよ。

まだまだ打ち直しています!

「もうわたふとんを使っている人なんていないでしょ」って思っていませんか?

ご安心ください!まだまだ大変多くの方が、わたふとんを、そしてわたの打ち直しをご利用になっています。

日本の気候には、天然素材のわたふとんが最適です。わたふとんは暖かいですよ!ウレタンマットなどでは蒸れを感じたりするおそれがあります。わたふとんをお持ちの方、打ち直して、わたふとんを新品同様に仕立て直しませんか?

末次ふとん店では、わた打ち直しを自店工場(彦島)にて行っています。1枚1枚個別管理していますので、安心しておまかせください。

年内は大みそかまで営業中!ふとんとカーテンのことなら、地元で安心!末次ふとん店まで!

環境衛生週間

毎年9月24日~10月1日は環境衛生週間(週間といいながら8日間)です。標語は「ごみ減量 みんなで進める リサイクル」―ゴミゼロ型社会をめざして―

ふとんも使い捨てではなく、リサイクル・リユースできるわたふとんを!羽毛ふとんも仕立て直しができるんですよ。

ふとんは粗大ごみ1位?地球環境のことも考えると、化学繊維のものよりも、天然繊維のふとんを選びましょう。中でも、わたのふとんはリサイクルができますので、環境に優しいふとんと言えますね。もちろん、吸湿性などに優れるわたは私たちの体にも優しいものですよ。

ふとん仕立て直しの納期について

わたふとんの打ち直しは、現在おかげさまでご依頼が多く、2週間程度必要であるため、余裕を持ってお出しいただけると幸いです。お急ぎの方は、順番を前後して対応いたしますのでご相談ください。
当店のわたふとんの打ち直しは、打ち直しの機械と側生地縫製のミシンを除いて一切の機械を使っておらず、1枚1枚職人の手作りにこだわっていますので、どうしてもお時間をいただいております。

また、羽毛ふとんの仕立て直しの納期は

  • プレミアムダウンウォッシュ(完全洗浄)は20日程度
  • 丸洗い後側交換(簡易洗浄)は10日程度
  • 側交換(洗浄なし)は2~3日

を目安にお考えください。

恐れ入りますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

梅雨が明け、おふとんのお手入れの季節です

例年、梅雨が明けるとおかげさまで、おふとんの仕立て直しのご依頼が多くなってきます。当店では、わたふとん、羽毛ふとん共に手作りで仕上げているため、お預かりして2週間程度いただいております。特別お急ぎの場合は、順番の差し替えなどで対応いたします。

ふとんを手放したくないシーズンに2週間程度、お手元から離れるのは厳しいですよね。だから、あまりおふとんを使わない時季は、それまで使っていたおふとんをお手入れするチャンスです。今年もよろしくお願いいたします。

「お盆までにできますか?」

例年、梅雨が明ける頃から8月の頭にかけて、わたふとんのお仕立て直し(打ち直し)のご注文をいただく際に質問されます。帰省される息子さんやお孫さんのためにお仕立て直しされることが多いようです。

「まだまだ間に合いますよ。」

当店では彦島に自店工場を構えているため、早急な対応ができるんです。そして自店工場のため、早いだけでなくお求めやすい価格でのご提供が可能なんですよ。

羽毛ふとんのリフォームも間に合いますが、時期的なことから羽毛ふとんについては、あまり聞かれることはありません・・・。時間をかけて、プレミアム洗浄でしっかり洗浄されることをおすすめします。