羽毛ふとんの仕立て直しの洗浄について

羽毛ふとんの仕立て直し(リフォーム)ですが
側生地を交換するにあたって洗浄をどうするのか
というのが選択肢の一つにあります。

当店では洗浄工程は2つから選べるようにしています。


断然おすすめするのが 「プレミアムダウンウォッシュ」です 。
今お使いの羽毛ふとんから中身の羽毛を取り出して羽毛だけを直接洗浄します。
そしてきれいに洗浄された羽毛を新しい側生地に充填します。

羽毛だけを袋にも入れずに洗浄するため
洗浄力が違い、新品同様に生まれ変わります。
羽毛を取り出すため、今お使いの羽毛ふとんが破れてしまって
羽毛が吹き出していても何ら問題ありません。

羽毛ふとんカバー内あふれ
カバー内にあふれていても問題なし!

時々目にしているかもしれません
リサイクルダウンや再生羽毛ふとんなどと呼ばれるものは
プレミアムダウンウォッシュのように直接洗浄された羽毛を使っています。
それほどきれいになると言えます。


もう一つの洗浄工程は「丸洗い」です。
今お使いの羽毛ふとんを、そのまま丸洗いします。
そして洗濯後の羽毛ふとんから中身の羽毛を取り出して
新しい側生地に充填します。

洗浄が羽毛ふとんの側生地越しになるため
どうしてもプレミアムダウンウォッシュに比べると
洗浄力が劣ります。

また側生地に破れなどがあった場合には丸洗いできないため
カバーに入れての洗浄になるため、さらに洗浄力が劣ってしまいます。
カバーの中に入った羽毛ふとんの側生地の中に入っている羽毛を洗うことになるからです。

ただ、こちらの丸洗いのメリットとしては
お値段が抑えられる、納期までが早い
ということが挙げられるでしょう。


プレミアムダウンウォッシュはどうしても手間隙かけていますので
お時間もお値段もかかってしまいます。
が、今後長くお使いになる羽毛ふとんです。
キレイに洗われると、長く気持ちよくお使いいただけますよ。


もちろん、洗浄しない。という選択肢も。
お使いの羽毛ふとんから羽毛を取り出して
そのまま何の洗浄もせずに新しい側生地に充填することもできます。
ただ洗浄しないため、羽毛ふとんのふくらみなどは
以前のものとほとんど変わりません。

買ってすぐに
たばこの火で穴を開けてしまった・・・
ペットに側生地を破られた・・・
えり元に針を刺してしまって羽毛が出てくる・・・
など、まだ羽毛ふとんがきれいな状態で、側交換したい際にご利用ください。


下関市近郊で羽毛ふとんのリフォームをお考えでしたら
末次ふとん店・末次羽毛工房におまかせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA