寒暖問わず使える万能パシーマ

明日、3月9日は山口県の公立高校入試です。
今年の受験生はコロナ禍において、学校生活も不規則になったりしたため例年とは異なる環境にあったかもしれません。
本番では自分の持てる力を全て発揮して、合格されることをお祈りいたします。

気温差がある時にはオールシーズン使える寝具が便利です。
暖かい時も寒い時も使える寝具。思いつく寝具は・・・そうパシーマです。

受験シーズンということで、すべらない寝具としてもぴったりのパシーマ。
季節を問わず使える万能寝具。

パシーマは常に体に一番近いところでお使いください。

パシーマキルトケット
パシーマキルトケット

パットシーツと呼ばれる敷専用のパシーマもありますが
当店一番人気はやはりパシーマキルトケットです。
掛けても敷いても使える万能タイプ。

敷パッドによく見られる四隅にズレ防止のゴム。
使い続け、洗濯をしたりするとゴム部分が伸び切ってもはやゴムの役割を果たせなくなってしまうことも・・・。

パシーマにはゴムはついていません。

ゴムなどがなくても、朝までしっかりズレずにすべることなく敷布団にぴったりくっついています。
寝返りしても安心です。


パシーマは品切れになることも多く、未だに安定的に供給されません。
キルトケットのきなり、シングルサイズは常に在庫を持てるようにしていますが
在庫状況については都度ご相談くださいませ。

大人気寝具、パシーマも下関市彦島の末次ふとん店におまかせください。
最後にもう一度。ガンバレ!受験生!

すべらないパシーマ

今週末から大学入学共通テスト(昨年までのセンター試験)が実施されます。
今年度は新型コロナの影響で休校になったりと、受験生も大変だったことでしょう。

いよいよ受験シーズンに突入ということで、例年のごとく、すべらない話を。

寝具業界でもかなり評価の高いパシーマ。
実際に使われた方がどんどんリピーターになっていくことからも、その使い心地が証明されています。

パシーマキルトケット
パシーマキルトケット

パシーマはふとんとの相性が良くて、不思議とすべらないんです。
また、脱脂綿とガーゼで蒸れることもなく快適さを保つので
夜中に蹴飛ばしたりして落ちることもありません。

敷パッド代わりに使う時も四隅にゴムもないのに、あら不思議、すべりません。

さらにホコリも少なく、ぜんそく気味の方で改善される方もいらっしゃいます。
パシーマを顔までかけて寝ることもホコリを吸わない、また乾燥を防ぐという点でも有効です。
パシーマはご家庭で簡単に洗えるため、いつも清潔に保てます。

そして洗えば洗うほど気持ち良くなるということから洗いがいもあります。

メリットばかりのパシーマですが、そんなパシーマにも欠点があります。
それは・・・品切れになることが多いことです。

当店では定番のパシーマキルトケット(きなり)は在庫切れを起こさないようにしてはいますが、それでも・・・。
もう一つ使っていくうちでのデメリットがあります。
洗濯を繰り返しているうちに縮むことです。
ただ、これらのデメリットを補って余りあるメリットがありますので
パシーマ、おすすめです。

パシーマのお求めは、下関市彦島の末次ふとん店までどうぞ。
下関市内(主に旧市内)配達も致します。

吸湿性を考えた寝具選び

昨日の日曜日は「孫の日(10月第3日曜日)」でした。
日本百貨店協会が消費喚起を図ろうと、1999(平成11)年に制定されたようです。
あまり普及していないように思いますが、いかがでしょう。

小さい子どもや赤ちゃんは代謝が良く
寝ている間には大人よりも多くの汗をかきます。

眠りは成長に欠かすことのできない大切なことですので
ぐっすり眠れる環境を作ってあげることが大切です。
もちろん親、大人世代も眠りを大切にしなければいけません。
翌日以降の生活に影響が出ること大です。

吸湿性などに優れる綿のふとんが良いのですが
巷にあふれるのはポリエステルのふとんです。

羽毛ふとんに関しても、側生地がポリエステル混のものばかり。
量販店などに関しては、ポリエステル混のものだけ、と言えます。

羽毛ふとんの側生地は綿100%のものを選ぶようにしましょう。

パシーマ

吸湿性が劣っていると
寝ている間にふとんを蹴ってしまってふとんをはいでしまうことも。
そしてふとんが体に掛かっていなくて
寒さを感じて寝られないなんてことにもつながります。

吸湿性に劣るポリエステルのふとんの欠点を補うには
パシーマなど吸湿性に優れた副寝具で改善してあげましょう。

暑くても、ふとんを掛けて寝ましょう。

毎日暑い日が続いていますね。
毎年毎年、今年の暑さは異常だと思ってしまうのは
年をとっているせいなんでしょうか・・・。

梅雨が明け暑い日が続くと
ふとんのことなんて考えたくないかもしれませんね。

確かに雨が続く梅雨は、ふとんが雨に濡れるのが嫌だ。
そして、梅雨が明け、暑い日が続くと
暑いからふとんを触りたくない。
とおっしゃるのも、ごもっとも・・・。

ただ、暑くても寝る時にはふとんを掛けるようにしましょう。

暑いからと何もかけないで寝ると
汗を吸収できなかったり
場合によっては体が冷えすぎてしまう
可能性もありますので気をつけなければいけません。

涼感の素材も良いのですが
涼感素材は吸湿性などが悪い化学繊維のものが多く
寝ている間に不快に感じてしまうおそれもあります。

吸湿性に優れた綿などの天然繊維のもの
タオルケットなどがおすすめです。

パシーマ

パシーマがおすすめですが
最大の問題点ともいえる在庫不足に、現在悩まされています。
店内在庫が残りわずかとなっておりますので
お早めにお買い求めください。

現在PayPayの
「まちのお店でペイペイジャンボ」キャンペーン中です。
キャッシュバックの可能性もありますので
8月はチャンスです。

パシーマで快適睡眠を!

「Go To Travel キャンペーン」
「Go To Eat キャンペーン」
「Go To Event キャンペーン」
「Go To 商店街キャンペーン」の4つをまとめて
「Go To キャンペーン」と言われる需要喚起策。

中でも「Go To Travel キャンペーン」は賛否のある中
今日から始まるようです。
積極的に旅行に出かけるような雰囲気ではない気もしますが
どの程度の利用者がいるのでしょうか・・・。
観光業の方は人が動かなければどうしようもないので
痛し痒しといったところでしょうか。

明日からは連休です。
オリンピックの開会式に合わせて祝日を変更したことによるものです。
ちなみに明日23日は海の日(本来は7月の第3月曜日)。
明後日24日はスポーツの日(本来は10月の第2月曜日。旧「体育の日」)。
ハッピーマンデーにより、その日付けである理由が失われたため
移動もしやすかったのかもしれませんね・・・。

来年も同様の措置がとられるようです(これを書いている現在、まだ法律で決定しているわけではないようです)。

「海の日」がオリンピック開会式前日の7月22日に
「スポーツの日」が開会式当日の7月23日。
来年の今頃、無事にオリンピックを迎えることができ
昨年はコロナで大変だったねと言えますように。

今はまだ各自がコロナウイルスと対峙していかなければいけませんね。
外出時にはマスクをして、アルコール消毒をしながら
とりあえず自分の身を守らなければいけません。
自分の身を守ることが、周りの人を守ることにもつながります。

ウイルスから守るために免疫力を高めることも重要です。
サッと思いつくのは食事と睡眠。
免疫力を高めるに良い睡眠をとりましょう。

睡眠と寝具は切っても切れない関係です。
今の時季は掛布団はタオルケットやガーゼケットなどでしょうか。
汗を吸収してくれるものを掛けましょう。

敷布団はしっかりと体を支えてくれるものを。
そして、こちらも敷パッドなどを上手に使って
汗を吸収してくれるものを使いましょう。

そのどちらにも対応しているのがパシーマキルトケット。
敷パッドにはパシーマパットシーツがあり
敷専用のため厚めにできていますが
キルトケットを敷いて使われても問題ありません。

この夏、幾度となくパシーマを紹介していきます。
一年中使える万能性のあるパシーマですが
今からの季節が最適とも言えます。

寝ている間に体にまとわりつくこともなく
汗をしっかり吸ってくれ
洗濯も簡単だからいつも清潔に保てます。

パシーマ最大の欠点は・・・
欠品になるおそれがあることです。

当店でも常に在庫を持つようにしていますが
状況によってはお取り寄せになる場合もございますので、ご了承ください。
洗ったら少し縮むこと
デザインがおとなしいことも
欠点と言えば欠点かもしれませんが
それを補って余りある快適性です。

下関市でパシーマのことなら
末次ふとん店におまかせください。