ベッド派?ふとん派?

2月10日はふとんの日でした。

ベッドでお休みになっていますか?
ふとんでお休みになっていますか?

というアンケートはよく聞かれます。
そして年々ベッドの割合が増えているようで
ベッドが6割、ふとんが4割といったところです。

昔の家とは異なり、最近の家事情で考えれば
寝室がはっきりと部屋として設けられているため
ベッドの割合が増えていると思われます。
床にふとんを敷いて寝るよりも、ベッドの方が
毎日の上げ下ろしをしなくても良く
起き上がりも非常に楽というメリットがあります。

さて、このベッドで寝ているという方の中には
ベッドに敷布団を敷いて寝ている方も入っています。
つまり、ベッド=ベッドマットということではなさそうです。

ベッドマットには種類もいろいろあります。
多くのベッドマットには金属コイルが使われていますが
処分に困り、リサイクルも難しく粗大ごみになるため
金属コイルは環境にやさしい素材ではありません。
なお当店では、金属コイルのマットレスは販売していません。

当店において、敷寝具は手作りの綿わた敷布団を基本としつつ
いろいろな素材のマットレスを取り扱っています。

例えば、人気のマットレス「Bodydoctor(ボディドクター)」は
天然素材天然素材100%だから、人に優しく環境に優しいものです。
また処分の際、焼却しても有害物質を発生させることがなく
可燃物として処分する事ができます。
また、土中に埋めても約2年程で土に還る素材です。
そこまで地球に優しい素材でありながら
もちろん寝姿勢の保持など、睡眠にもやさしいBodydoctor。

Bodydoctor
Bodydoctor(ボディドクター)

当店の敷寝具では、手作りの綿わた敷布団各種に続く
人気を誇っています。

どんな素材か分からず、値も張るものは買えない。
というお悩みはもちろんあります。
そこで、当店ではBodydoctorなどの高機能敷布団は
店内にて試し寝できるようにしています。
ご来店いただき、どうぞ実際に横になってみて
背中で寝心地を感じてください。

寝具のことなら、下関市彦島の末次ふとん店。
地域密着の当店にお気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA