カーテンランナーと呼ばれる部品

分かりにくい写真ですが・・・カーテンランナーと呼ばれるもの。ランナーと呼ばれるだけあって、この部品がカーテンレールの中を走っています。

実際に使われている時はこの写真は上下さかさまになりますね。写真上部にあるリングの方が通常カーテンレールから見えています。リングにカーテンのフックをかけて使います。このランナーは下部に小さな車輪がついていて、その部分がカーテンレールの中で転がっているんです。

レールを替えるのはちょっと・・・という方でも、この部品を替えるだけで、カーテンの滑りが大きく変わることもあるんですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA