枕のお手入れ

先日は枕カバーをきれいにしましょうとお知らせしました。枕カバーは頻繁に洗濯している、という方も多いことでしょう。非常に大切なことです。では、枕本体のお手入れはされていますか?

カバーだけではなく、枕本体もしっかりお手入れすることが大切です。簡単に言うと、パイプ枕であれば水洗い。低反発などウレタン系は干す(陰干し)。枕は基本的に、日干しよりも陰干しの方が素材を傷めません。特にウレタン系の日干しは避けてください。劣化を早めてしまいます。

割れたパイプ

そして、枕自体にも寿命があります。あまりにへたってしまった枕では頭を支えきれないかもしれません。パイプ枕では中のパイプが割れていたりすることもあります。

枕は頭を支えているため、目や鼻、口など敏感な身体の部位が触れるものです。そのため衛生面は、しっかりと考えたいものですね。

当店ではふとんだけではなく、枕に関しましても、素材も様々取り扱っております。実際に触ってみて、自分のお好みの枕を見つけませんか?