今も多くの方が、わたを打ち直しています。

営業再開など、少しずつ日常が戻っているニュースが届くようになってきましたね。確実に収束に向かいつつありますが、今後も油断することなく、マスク着用など自分ができることを続けていくことが、コロナ感染の影響を続かせないことにつながります。
不織布マスクなど、使い捨てのマスク販売を目にする機会が多くなりました。布マスクが不織布のものよりも肌にやさしいと、当店手作りの布マスクを今もお買い求めいただいております。ありがとうございます。

続けることの難しさ。
当店では、わたふとんの打ち直しを行っております。最近では耳にしなくなってしまった「わたふとんの打ち直し」って何だろう?
わたの打ち直し。わたの作り直し。わたの仕立て直し。わたのリフォーム。
昔から続いている打ち直しですが、続けているお店も少なくなりました。今風の言葉では、何と言うのが伝わりやすいのでしょうか・・・。

わたの打ち直しとは、長くお使いになって硬くなり、ボリュームもなくなってしまったわたふとんを解体し、わたをほぐして新品同様にふっくらとよみがえらせることを言います。そしてそのふっくらよみがえったわたを新しい側生地に仕立て直すことで、ふとんとして復活します。

つまり、側生地も新しくなり、中身だけではなく、見た目もばっちり新品同様によみがえります!

末次ふとん店では今も、下関市彦島にある当店工場においてわたを打ち直して、当店職人が一枚一枚手作りでふとんを仕立てています。手作りの良さ、温かさを続けています。

最近では、羽毛ふとんも当店工房で仕立て直すことができるようになりました。
今お使いのふとん、仕立て直して、長く使い続けていきませんか。